WORKS
実績紹介

堀木エリ子&アソシエイツ 『呼子くんち / 鯨曳山』

imageパース

概要

佐賀県唐津市呼子で祭り興しとして、秋のお祭り「呼子くんち」を開催する取り組みが始まり、呼子から親と子の巨大な創作和紙による鯨曳山(鯨の飾り物を据えた山車)で、祭りの舞台へと向けて繰り出すという構想で制作される。

光るくじらオブジェは堀木エリ子&アソシエイツ様にて立体的に和紙を漉く手法で制作され、当社は土台となる、曳山・神輿の制作を担う。
50 年後、100 年後に受け継がれていきたいという想いから、強度の高い金属に白木仕上げとハイブリッドな設計で制作をする。
くじらの足元に立つ波は立体彫刻で彫り、飾り金具もオリジナル制作したりと、伝統工芸技術を多用することで、未来への継承に想いを込めた。
(※現在製作中:5/19時点)

(左上)立体彫刻の波 (左中)担ぎシミュレーション風景 / 白木張り前 (左下)お披露目会風景 (右)奥の親くじらは、和紙張り前の経過段階(堀木エリ子&アソシエイツ様にて)
所在地 佐賀県唐津市呼子町
クライアント 堀木エリ子&アソシエイツ 様
納品日 2022年5月27日
担当業務 神輿・曳山:装飾デザイン / 制作設計 / 監修 / 制作
当社担当者 デザイン:家谷 菜穂
営業:家村 公崇
プロダクト:山口 裕之 / 大羽 美宇